訃報
こんな情報をホームページに載せるのは大変心苦しいことですが、知らないままの人がいるかもしれませんし、
その悲しみを風化させないために  掲示板やメールで寄せられた声などを敢えてお知らせすることにしました。

                                 
(この掲載にご意見があればご連絡ください)

2017年10月15日
4組 岸田(旧姓辻本)尚子様がお亡くなりになりました
お通夜
10月17日 18時から ご自宅
ご葬儀
10月18日 午前 10時30分から  桃山台 千里会館
喪主 岸田忠之様

志賀さんからお知らせ頂きました。)

岸田さんのお葬式

  投稿者:川野由紀子  投稿日:2017年10月23日(月)20時18分46秒
  通報 返信・引用
さようなら、ありがとう!と言いたくて岸田さんのご葬儀に参列してきました。在りし日の元気な彼女の遺影を見ていろいろな事を思い出しました。学業優秀、体育優秀、音楽優秀、演劇NHKの芸術祭参加番組に呼ばれる、いつも明るく元気はつらつの彼女は刺繍も大好きで、いろいろな色を手元に置いておきたいと言って、糸屋をしていた我が家から刺繍糸を全色そろえて持って行った事がありました。また、三つ子を育てている私に大変でしょう?と言ってくださり[まーちゃんだって3人で大変でしょう」と言ったら「睡眠時間削る以外ないのよね!」と言っていました。彼女は寝る時間を惜しんで働いているんだーと強く心に残りました。40代になって彼女の家の近くに引っ越してからは来てくださったり、お伺いしたりして、大手前で英語を教えてもらっている娘の受験の相談にのってもらいました。ある時彼女が「梅田にタップダンス習いにいかない?」と誘われた時に驚いて「あなたのように立派な仕事をして忙しい人がなぜ?」と聞いたら「仕事辞めたら何も残らないのよ」と言ったのを思い出します。運動嫌いの私はお断りしましたが一緒に行っていればもっと思い出が増えたのにと思います。一生懸命、精いっぱい生きてきたまーちゃんは今やっと、のんびりしているのでしょうか。ありがとう!さようなら!ご冥福をお祈りいたします。




5組 高岡一雄さん
2016年2月に亡くなられたと奥様からご連絡があったそうです、
桐蹴会の同じメンバーだった中堀さんからの連絡を
土谷さんから知らせて頂きました。
ご冥福をお祈りいたします。


3組 倉田(旧姓、今川)睦子さん
2016年㋄13日にお亡くなりになりました。
川野さん、土谷さんから連絡頂きました。

ご冥福をお祈りいたします。

6組  田中清一さん
2015年6月に亡くなられたとのことです、
土谷さんから連絡を頂きました

ご冥福をお祈りいたします。


2組 小森美智雄さん
2016年1月13日にお亡くなりになりました。
土谷さんから連絡頂きました、
ご冥福をお祈りいたします。



4組 安藤 日出男さん
2015年12月1日亡くなられました
このHPの掲示板にご家族からのご連絡内容が書き込まれています。

東京の36会でお世話頂きました
ご冥福をお祈り致します。



8組の大村英昭さんが 9月21日にお亡くなりになりました。

3ヶ月ほど前電話でお話したときはお元気でしたので驚いています
心からご冥福をお祈り致します。

(志賀久美代)



6組 山口雅民さん

2015年 4月19日(日)夜 お亡くなりになりました。
ご葬儀は  4月21日(火)
ご家族のみにて執り行われました。

心からご冥福をお祈り申し上げます。

36年会の新年会ではいつも校歌、 応援歌「紫の」をみんなで歌って
最後に山口さんの「フレー フレー 大手前!」というかけ声でおひらきになっていました。
そのお声を忘れることはありません。

(志賀さんからお知らせとコメントを頂きました)




3年5組 曽 博雄さんがカナダで亡くなられたとの情報を頂きました。
(詳細はまた改めてお知らせできると思います)
 


3年6組 龍城ちか子さん
2014年8月に亡くなられました
(ご主人からご連絡がありました(11月))




3年2組 奥井 宏 さん
2013年1月3日亡くなられました
大手前時代は卓球部で活躍しておられました。
遅くなりましたが、最近情報を頂きましたので、お知らせ致します。


特別会員 鎌田 明彦さん
2012年10月24日亡くなられました

心からご冥福をお祈りいたします
(葬儀等はお身内で行われます)




3年7組 岡本 正雄さん
4月8日に亡くなられました
(ご参考 このHPの掲示板に中尾敦子さんからのお知らせが入っています)
http://8243.teacup.com/otemae36/bbs



3年2組 笠原潤子さん(旧姓松田さん)
2月26日にお亡くなりになりました。
1月の終わり頃からホスピスに入っておられました。

心からご冥福をお祈りいたします。

H24・3・2(志賀さんからのメールより)



奥様から電話がありまして、萩原さんが8月20日 夜遅く
お亡くなりになりました。
膵臓癌がわかってから 2年と11ヶ月の ことでした。
3年というのは お医者様からみれば ギネスブックものだそうです。
8月2日に最後の入院で 安らかな最後だったということでした。
ご冥福をお祈りいたします。

お通夜 21日 夜
告別式 22日
大手前のお友達には本当によくしてもらって 感謝していますと
おっしゃっていました。
H23・8・20(志賀さんからのメールより)

5組の筒井征一さんが平成23年4月17日にお亡くなりになっていました。
ご家族、ご親族でお葬式をなさったそうです。
3月の終わりに沖縄に行ってきたというお電話をもらって
いろいろ話したのに、病気のことはおっしゃらず、全く気がつきませんで悔しい思いです。
ご冥福をお祈りいたします。
(志賀さんのメールより)

8組の宮武貞夫さんが平成21年2月に亡くなられたそうです。
平成22年11月29日奥様からご連絡がありました。
(志賀さんのメールより)

S33年4月からS60年3月まで在職なさった、英語科の鈴木朗夫先生がお亡くなりに
なりました。
平成22年3月30日 死去
お通夜 平成22年3月31日 19時から
告別式 平成22年4月1日 11時半から

場所 八尾 玉泉院

喪主 ご子息 鈴木亮様

ご冥福をお祈りいたします。

志賀久美代


2009.12.15

2組の佐原博規さんがマレーシアで脳梗塞でお亡くなりになりました。
心からご冥福をお祈りいたします。

お通夜 17日 18時から19時
ご葬儀 18日 9時30分から10時30分

場所 新横浜総合斎場 電話045ー472-5550
喪主 佐原正子様 奥様です。

36年会からお花と弔電を贈らせていただきます。

         
志賀久美代



■ 6組 田中 稔夫さん
2008年12月28日     肺炎でお亡くなりになりました
ご冥福をお祈りいたします。



 3組 上田善久さんが2007年9月19日に亡くなられました。
心からご冥福をお祈りします。

お通夜、告別式は次の通りです。

お通夜:9月21日(金) 18:00
告別式:9月22日(土) 11:30
ところ:公益社雪谷会館
電 話:03-3726-3657
住 所:〒145-0066 東京都大田区南雪谷 2-1-7
    東急池上線 雪が谷大塚駅前

喪   主:上田 民子 様
葬儀委員長:上田 卓司 様

なお、大手前高校36年会からはお花を供えさせて頂きます。

(幹事 志賀さんのメールから)

        ■  辰野 幸正 さんの訃報に寄せて(昨年12月30日)



      36年会の皆さま

     30日早朝、5組 辰野幸正様がお亡くなりになりました。

      突然のことで、本日31日午後、密葬がとりおこなわれました。

  心からご冥福をお祈りいたします。

   36年会ではほんとうにお世話になっておりました。
   悲しく途方にくれております。

(志賀 久美代さんのメールより)


悲しみは千の風に乗って・・・  投稿者:中尾敦子  投稿日: 1月 3日(水)19時06分28秒
  いつまでも続くと思うおつきあいがこんな形で終わるなんてと人生の無常を感じます。
昨年は6月に夫を、年末に辰野さんを亡くし個人的に大変な年になりました。船場の地で、270年続いてきた「講舎」へ、無理矢理に強制参画していただき、お陰様で大阪の文化的財産の維持継承が軌道に乗りだしたところでした。昨秋、関連事業のバスツアーに参加されて『これからこの分野にも力を入れて、参加していきたいから・・』と楽しさを満喫されていたご様子に、病からの再生の兆しを嬉しく思っていた矢先でした。夫の急死と同じほどに悔しいです。同窓の皆さもさぞ悔しさ、むなしさ、寂しさをお感じでしょう。今は『いろいろとありがとう』だけです。
個人的には、あえてホームページへのアクセスも、書き込みもしないままに今日まで来ました。でも、今回は声の届く時にありがとうを言いたくなりました。お役目の皆さん本当にいつもありがとうございます!これからもよろしくお願いいたします。

辰野さんの訃報  投稿者:齊藤昭子  投稿日: 1月 2日(火)23時36分48秒
  本日天童温泉から戻り辰野さんの訃報を知りました。突然の訃報に驚き悲しんでいます。
去年東京のさぶろく会でお会いしたのが最後となりました。いただいたタイガースのTシャツが思い出の品になりました。心からご冥福をお祈り致します。

投稿者:磯部宏  投稿日: 1月 5日(金)10時02分9秒
  辰野君、驚きました。お悔やみ申し上げます。